« にゃんにゃん分析で・・・ | トップページ | とんぱち。 »

2007年9月24日 (月)

矢作事変

横綱700000012222です

先日、サークル帰りに何となく実家に帰りました




急だったので母親は驚いていましたが

その時の自分は帰りたかったのでしょう




イコールではありませんが、中国では不治の病や余命を迎えよ
うとしている患者に木に触れさせ、自然に還って行く準備、死を自覚させるという風習があるらしいです





仕事に疲れ、人に疲れ、自分に疲れた時、自分の生まれた場所・空気・町並み・家族に包まれたいと思うんでしょーね~




深呼吸~






そんなんホームシックとだよ~根性ナシだな~と言われればそ
れで片付けられてしまいますが、大学で福祉やら心理学やら対人援助を学んでいるのでそこで終わらせては俗に言う良い人止まりでこいつ食えねぇ~やつだな~と思われてしますわけディス



一人暮らしお勧めです。甘ったれが抜けます、まじで

サークルの早山くんと大宮まで一緒に。

大宮~鷲宮?~東大宮~白岡~新白岡~久喜→東武伊勢崎線



電車きたねー



うぉぉぉぉぉぉー




久々に会った母親が背伸びた?って。いや、母さんが・・・ハチクロ?ぶふふ 




私、齢18の春に群馬県館林市を脱藩しまして今は高級住宅街世田谷区経堂に住んでおりますが、上州男児としての誇りと心意気は忘れていません、ハイ~




学生時代は柔道をやっていたので精神論・根性論を骨の髄まで叩き込ました。


なので今でもバンド等ではやれば出来る、やらねーうちから諦めんな、出来るようになったらおめー上手くなってる的な考えなので時折、メンバーとすれ違いがありますが、少なくとも根性無さそうなヤツには言わないのでそこんとこが何とも難しい


ナハナハ




この薄い顔が原因か垢抜けない服装が悪いのか未だにTUTAYAで年齢を聞かれます



筆下ろしは17の夏です




父親も相変わらず無口な人で母親に少しくらい喋っても税金取られないよとか言われてました。やはり、群馬の女は強い



兄貴は25にもなってまだサブラと月刊シリーズを買ってました。なので借りました。




翌日、天気が良かったので原チャリで爆走しました



あなたは~かなた~みずいろのま~ち~

うぉぉぉー



館林は、空気がきれいで、人ものんびりしていて、サイクリングロードっつー公園風な森いっぱい自然いっぱいな道を三キロほど走ったのですが



原チャリなので館林ポリスに捕まりました




この天気、風景、音楽、すべて台無し笑



二点減点ね



ぬぅぉぉぉー


地元に居るときは全然気付なかったけど、こういうとこにたまに来るのも、え~んじゃないかと思ったワケディス





東京の人が休みに海外行ったり避暑地行くのも何となく分かる



深呼吸も必要なんすね




レミオロメンの深呼吸って曲すげー好きです




最近、用意された場所・用意された時間というもの考えます



偶然とかとはまた違うけど



この天気と場所はそうだなと




バイト・学校・サークル・バンド・人間関係・家族関係ですげー疲れて、「おれ、こんな頑張ってんのに何で分かってくれへんねん!」とワケの分からん関西弁を言いつつ「こんなに好きなのにどうして分かってくれないの?」と足元にすがりつく一昔の女の子風なのもまぁ、良いんじゃね?おれは好かんけど



男ならそこんとこはあんま見せたくない方向で行きたいですね



福祉、福祉、自分でも何回言ったか分かんなくなってきたけど援助っつーのを勉強してるからには色々な場で相手の事を考えた発言・行動・気配り。キレイごと?うっせ!!



人の事怒ったり、心配するのってすげー力要んのよ、うん



でもそういう気持ちで居たいなと




でもそんな疲れた時の為に、人には酒・タバコ・カラオケ・ゆず(笑)バンプオブチキン・音楽・時間・場所・友人・友達が存在してるんでしょーな





人に疲れ人に癒されとか誰かが言ってましたが、うん、そうねと思いました



その日は久々に外食に行きました



うどんが旨くてヘブンに行きそうでした




さすが館林うどん




父親は家で食べたかったらしいです。おれが麻婆豆腐好きだから作ってやりたかったらしい笑





次の日、父親が駅まで送ってくれました。車内ではほとんど無言、学校の事とか実習の事を少し話したくらい




駅に着いて車降りる時、父親が「今度帰って来た時は麻婆豆腐だぞ!」って。ふふ

おわりです




|

« にゃんにゃん分析で・・・ | トップページ | とんぱち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にゃんにゃん分析で・・・ | トップページ | とんぱち。 »