« お気に入りをひとつ | トップページ | 綺麗な桜の木の下には・・・ »

2008年3月27日 (木)

スルー

こんにちわ 高田馬場店のパン粉です。昨日は頭突きでにんじんを2本折りました。意外と硬かったです。

今一番ほしいものは何かと聞かれたときにまっさきにあがるのが、松やにで出来たビール瓶です。テレビや映画の撮影用によく使われる、割れやすいビール瓶です。確か東急ハンズで6000円くらいで売ってたんですが、ほしいです。あれをどたまでかち割ってみたいです。
だけど さすがに脳しんとうとか起こしたくないので練習したいのですが、なんせ一本が高いのでどうにもその勇気が出ません。ぶっつけ本番でやるしかないです。

これをどれくらいやりたいかというと、空港の到着ロビーで荷物をうけとるベルトコンベアーから正座したおじいちゃんが出てくるのを見たいのと同じくらいやってみたいのです。

わたしにもう少しお金があったならマネーの力でコワモテのお兄さんを数人雇ってその足で同窓会に乱入してもらい松やにビール瓶で私をぶったたいてもらうんですが、当分無理そうです。思春期にうっ積していたモヤモヤを、ここぞとばかりに発散させたいのです。小中学校時代にボス面なさっていた御方に、ぜひとも目にものをお見せしてさしあげたいのです。
よくテレビでどっきり番組をやっていますが、あんな感じでさいごはワハハと笑ってしめる感じのようなものではなく、軽く何かを植えつけることができたらなと思うのです。

しかし、ひさびさに再会したかつての天敵が、すっかり丸くなってフレンドリーにお接しあそばされてきたときの この なんともいえないザリザリ感。いつかやつらを上から見てやると思って積み上げてきたものが、消化不良でごーろごろですわ。
こんなことなら あのときねちねち悩んでないで パーッとゲーセンで散財したり岡田あーみんのマンガを読破する時間に費やせばよかったと心底思います。

あの腐った思春期女子の攻防戦のさなかに 松やにビール瓶を入手できていたのなら、いまとは少し違った人生を歩んでいたのかもしれません。

|

« お気に入りをひとつ | トップページ | 綺麗な桜の木の下には・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りをひとつ | トップページ | 綺麗な桜の木の下には・・・ »