« マキャベリズム | トップページ | お世話になりました。 »

2008年12月28日 (日)

今年は

ハイ、最近一人で考えることが妙に多い釣り人です。
いや~今年は色々ありました、色々ありすぎて何が何だか収集がつかなくて、考え込みます・・・
さぁ今年最後の釣り人のブログはお待ちかね!!やっぱり釣りネタでしょw
先週また茨城県の霞ヶ浦にまたまたやって参りました (しつこいけど好きなんですwww)  その日は12月には珍しいぐらいに暖かく絶好の (人にとっては)釣り日和でした。) その日に用意したタックルはベイト&スピニングの最強の組み合わせ (普通かw) この日は多分今年最後の釣りになるので絶対釣って帰る!!と決めていましたw (昼過ぎには必ず上がるんですけどねw ※電車だと釣竿は危ないので電車が少しでも空いているお昼に帰るという暗黙のルールが釣り人の中にはありますw)
その日は朝から全然風が無く、水温など水質なども余り良くない感じでした。 (前日の強風と寒さによる為かと・・・) なら狙う場所は絞りやすいとばかりに土浦駅を大移動(その前にお決まりの朝ごはん、今回は山菜うどん美味しかったです) (流れ、水深、アシ、透明度を求め) ついに発見!!湖と言うより川に近い場所でその日の釣りはスタート! しようとしたとき、んっ!?浅場になんとバスが横たわっているではないか!!! ダッシュで近づきまだ生きているデカバスを看病・・・ (45は在った、デケーw手は十分に濡らしましょう) 人口エラ呼吸を続けた結果なのか?バスは何とか自力で泳いで行きました・・・ (その後10分は水面を見続けました) 浮いて来ない事を確認すると釣り開始! ベイトに結んだのはディープクランク(深く潜る擬似餌)。スピニングにはサスペンドミノー(一定の水深を保つ擬似餌)。
まずは流れ込みから少し離れた流れが最初にぶつかる岩のポイントにクランクを投げ、グリグリと少し早めに巻き通す・・・岩にあたる直前でわざと岩にあたるようにする (ヒラうちと言うルアーが不規則に動く方法) このやり方で周りの同じような状況のポイントにキャストを繰り返す・・・ 一通り辺り一体をリアクションで調べた後 (何が沈んでいるか、水の流れを調べ) 今度は本格的に釣りに入る、ベイトのルアーをトップオータープラグに替え (お尻に重りを貼りシンキングに) アシなどが複合する浅場に投げる(引っかかるぐらい奥にw) 一気に沈めるのではなくコマメに糸がたわむ程度にルアーの沈む速度を変える感じですw 底に着いたらモゾモゾ・・・糸を巻きモゾモゾ・・・を繰り返すw (動きはハゼなどヨシノボリの様にwww竿によるアクションは一切無し) 「その時」 !!?ぬぅ~っと言う様な弱い引き・・・おっ!?ラインを一気に巻きバシッ!!!と合わせる!! ビーン・・・ラインがただ貼り、何だ根掛かりか??と一度糸をたわませもう一度張って見ると、ビィン!!っとラインが何かから外れ竿が強くしなる!!そう魚が掛かっていたのだ!! (ルアーを食べてすぐアシに逃げた為アシに絡んでいたらしい) もうそこからは一気に引っ張り一気に抜きあげたw (前回のタイヤの一件以来トラウマですw) やったーめっちゃうれしー等と大喜びw!! 
そのバスは立派な体格の黒々とした40cmのナイスバス!!(居着きですね)
よ~しもう一匹釣って帰るぞ~と!同じようなポイントでスピニング(サスペンドミノーで) 
18cmの小バスゲット!!
いや~その日は実にいい日でした。朝に助けたバスの恩返しだとつくづく感謝です!
長々お話してしまいましたが、さてさて今年ももう後わずか!!寒さも一層厳しくなる今後に備えてREDBROS.でセール中の冬服達をゲットしちゃお~!!そのほかにも色んなセールを実施中です!!!是非是非お近くのREDBROS.のお店へ、遊びに来てくださいね! それではまた~。

|

« マキャベリズム | トップページ | お世話になりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は:

« マキャベリズム | トップページ | お世話になりました。 »