« ショート | トップページ | どやーーーーーーーーーーーーーーーっ! »

2011年1月29日 (土)

ななめに楽しんで

皆さんAmazon.ってご存知ですよね?
もちろん、日本一有名な通販サイトのアマゾンの事です。
利用している人も沢山いると思いますが、今回は改めてアマゾンの楽しみ方をお伝えしたいと思います。
アマゾンを利用すると、
家に居ながらにして、発売日に新発売の商品を手にできる。
一般小売店の定価販売より割安で購入できる。
お店で直接買うのに抵抗あるものもこっそり誰にも知られずに手に入れられる。
etc.etc....と、インターネットという媒体特有の恩恵をうけられます。
が!!「楽しむ」という観点に絞れば、やはり「レビュー」です!
レビュー機能を利用すれば、発売前のものでなければ、大抵の商品には誰かのレビューがついています。
これが面白い。
買う前にメリット・デメリット比較が出来て、安物買いの銭失い的リスクを回避できる。
普通こういう意味合いでレビューを閲覧している人が大多数だと思いますが、
こと「楽しむ」という意味ではそんな見方じゃあとんだアマちゃんといわざるを得ません。
では、どう使うかというと、、、、
「あえて酷評ばかりを選んで読みふけるのです。」
人間、人や物を褒める時にはそれなりですが、怒りにまかせた発言にはそりゃあ、力がこもるってもんです。
レビュー上ではそれが顕著で、不良品や駄作をつかまされた人々の憤りったらありません。
時にはレビュアーの人間性やストーリーが垣間見えたりして、そんじょそこいらの小説やら映画やらよほどおもしろい。
匿名性も手伝って、攻撃的になる本来善良な市民であるユーザーの叫びをあなたも堪能してください。
ためしに「Amazon 酷評がつけられた商品」で検索してみて下さい。
ぷくく。さあ、ななめに楽しんでください。

|

« ショート | トップページ | どやーーーーーーーーーーーーーーーっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ななめに楽しんで:

« ショート | トップページ | どやーーーーーーーーーーーーーーーっ! »